フロアコーティングのリフォームとコーティング剤選び

フローリングは毎日、日々劣化していってます。よく使うところだからこそフローリングのコーティングはきちんと選びたいものです。近年の住宅設計においては、メンテナンスの簡単なフローリングが採用されているケースがほとんどです。しかしフローリングは、住宅の中でも最も負荷が掛かっているパーツです。普段から踏んで歩くだけでなく、重い家具類を支える役割を果たしています。ライフスタイルによっては小さな子供やペットなどが、傷を付けてしまうケースも少なくありません。そこで重要となるのが、フローリングを保護するフロアコーティングのリフォームです。このリフォームは他と異なり特殊なもので、たとえ新しいフローリングであっても、事前に施工する特長があります。特に新築物件を購入した場合、入居前に施工しておくと、後々楽になるのが特徴です。新築物件に家具類を運び込むとき、どうしてもフローリングをこすったり傷付けたりしてしまいます。しかしフロアコーティングを施工しておけば、フローリングの材質そのものにはダメージを与えないので、新しい状態を保つことができるのです。フロアコーティングに使われるコーティング剤は大きく油性と水性に分かれます。

入居前に施工

私が家を購入する時にフロアコーティングをするかどうか検討したことがありました。賃貸と違って長く住む家ですのでできるだけ良い状態を保ちたいという気持ちはありました。ですが最終的な決断としてはフロアコーティングはしなかったのです。なぜなら、コーティングをしてしまうとどうしても光沢が出てしまうというので、私はマットな風合いのフローリングが好みだったのでその時点で即却下となりました。

リフォーム 東灘区は有限会社アイスにお問い合わせください。 2278

後悔しないためのクロス張替えリフォーム

私も先日やっとの思いでクロス替えをしました。本当は主人にやってもらおうと思っていたのですが、主人に任せていたらいつになるか分からないので、この前時間があったのでちょいとやってみました。が、ちょいとでできるような代物ではありませんでした。上の方は脚立を使ってやらなくてはいけないので、腕筋がパンパンになってしまって、結局1日では終わりませんでした。なぜ今回張り替えをやろうとしようとしたかというと、先日家具をアジアンテイストにしてラグも買い替えたので、白い壁紙がどうしても似合わなくて違和感を感じてしまったので、クロスもアジアンで統一しようと考えたのがきっかけでした。クロスの張替えなんて普段の生活ではそうそう関わりを持つことがないかもしれません。しかし最近では一人暮らしの女性でも気軽に簡単にできるクロスの張替えが人気となっています。正確には張替えではないのですが、壁紙の上から貼るというタイプのもので、賃貸物件で通常の張替えが出来ないところでも模様替え感覚で行うことができるものもあります。様々な柄や大きさが揃っていて、退去時にも跡が残らないようなものもたくさんあるそうです。

キズや汚れが付いたり模様替えをしたくなったりなど、クロス張替えのリフォームを検討する時期があります。比較的簡単な部類で、その日のうちに施工が終わるので、場合によっては自分自身で施工するケースも少なくありません。しかし実はクロス張替えリフォームには最適な時期があります。特にリビングや個室などにはエアコンが設置してあることが多く、エアコンが邪魔して裏までクロス張替えができません。これはリフォーム業者に依頼しても同じで、専門道具や技術が必要になるだけでなく、電気工事士の資格を有していないと取り外せないのです。またエアコンにはエアガスが詰まっているホースが本体に繋がれており、むやみに取り外すとガス漏れを起こす危険性があります。それ故にほとんどのリフォーム業者は、エアコンを取り外すことなく施工するのが基本となっているのです。これは手抜きではなく、寧ろ安全性に配慮した施工法と言えるでしょう。つまり最適な時期とは、エアコンの買い替えに伴って取り外す必要性が発生した場合です。

Copyright ©All rights reserved.フロアコーティングのリフォームとコーティング剤選び .